青汁の力!アトピー、花粉症などアレルギーに効果的!

青汁の効果で健康なカラダになっていく

青汁の力!アトピー、花粉症などのアレルギーに効果的!

花粉症やアトピーは完治が難しいと言われている病気です。薬では治らないけど青汁で良くなったなどたくさんの声を聞きます。
青汁によってアレルギー抑制できることが専門家の研究でも解明されてきています。
青汁がアレルギーを抑制する内容をご紹介します。

急増するアレルギーは食生活が原因

急増するアレルギーは食生活が原因
花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギー疾患は、近年増加しています。この10年では2倍~3倍にも増えています。
子供に多い症状でも大人にも同症状で悩む方も増えています。

急増するアレルギーは食生活が原因
※厚生労働省の資料より。

急増するアレルギーは食生活の変化が原因

原因の一つとして食生活の変化があります。
脂肪分やたんぱく質の多い欧米化の食事や、食品添加物の影響によるものです。
こうした食生活のかたよりを解消してくれるためなのか青汁でアレルギーの症状が治ったという声はよく聞きます。
大学の研究でも青汁がアレルギーへの効果が明らかになりました。

マウス実験でアレルギーを起こさせる卵白の中のたんぱく質を与え、その後青汁を与えるとアレルギー反応が抑制されるという結果が出ています。

アレルギーの仕組み

アレルギーの仕組み
なぜ青汁がアレルギーに効くのかを理解するためには体内でアレルギー反応が起こる仕組みを知っておきましょう。
たとえば湿疹は一度かかると二度かかりません。それは原因になるウィルスに対して身を守るための「抗体」が作りだされるからです。
再び、同じウィルスが体に侵入するとこの「抗体」が撃退してくれます。
このシステムを「免疫」と言います。
免疫は身体に害を与える細菌やウィルスなどの異物に反応するものですが食べ物など身体の害にならないものにまで過剰に反応する状態が「アレルギー反応」となります。
くしゃみや鼻水の症状は異物を体から追い出そうとする身体の反応です。また侵入を阻止しようともしています。これらは免疫反応の一つです。
風邪などのウィルスを撃退するのに有効ですが花粉症は身体に害がないはずの花粉まで免疫反応が出てしまいます。

本来、体を守るはずのシステムが暴走して逆に体を傷つけるほど過剰に働くのがアレルギー反応になります。

青汁はIgEをできにくくする

青汁はIGEをできにくくする
アレルギー反応を起こす異物をアレルゲンと呼びます。
アレルゲンが体内に入ると体は「IgE(免疫グロブリンE)」という抗体を作ってウィルスや異物との戦いの準備をします。
そして再びアレルゲンが侵入すると排除しようと働きます。これがくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの反応です。
しかし、青汁を飲むことによってこのIgE(免疫グロブリンE)という抗体ができにくくなることがマウス実験で分かっています。
マウスを二つのグループに分け、一つのグループには青汁を与え、もう一方のグループには青汁を与えずアレルゲンとなる卵白の中のたんぱく質を大量に注射し、IgE抗体を作らせます。
その後、再びこのたんぱく質を与えるとアレルギー反応が起こることになります。
しかし、青汁を与えたマウスのグループはIgE抗体の値が低く、アレルギー反応が起こりにくい状態となっていました。
青汁がアレルギー抑制をすることは別の実験でも証明されています。
体内で抗体ができるまでには、いくつかの免疫細胞が関わっています。
まずアレルゲンの情報を得た免疫細胞の「T細胞」が「B細胞」に働きかけて抗体を作らせます。ここで青汁を与えたマウスのT細胞を見ると分裂や増殖しやすさの指標となる数値が低くなっていました。

青汁を飲んでアレルギー予防をしよう

青汁を飲んでアレルギー予防をしよう
青汁を飲むことによってT細胞の活動が抑えられ抗体が作られにくくなっていることが分かっています。
抗体ができなければ、無用なアレルギー反応は抑えられることになります。
現代では日本人の三分の一がアレルギー症状に悩んでいます。
根本的な治療は難しく症状を抑える対処療法ばかりです。アレルギー症状がある人はずっとともに人生を歩んでいかないといけません。
青汁を飲むことで症状を事前に抑えることが可能です。
アレルギーは今出ていなくても急に出てくる可能性があります。
この私も花粉症のアレルギーはないと思っていましたが3年前にその症状が出てきて血液検査をするとスギやブタクサのアレルギーが出ていました。
花粉症はある一定以上のアレルゲンが体内に蓄積すると症状が出てくるといわれています。
まだ症状が出ていない人は先々の発症を防ぐ意味でも青汁を飲みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。