小腹が空いたら良質の脂質とたんぱく質が摂れるナッツ類を食べよう

小腹が空いたら良質の脂質とたんぱく質が摂れるナッツ類を食べよう

ダイエットをしている最中は食事制限したり、運動したりして朝、昼、夜の食事以外ではお腹が空いてくる時がどうしてもありますね。
食べない方がダイエットにとって効果的かもしれませんが我慢しすぎるのも継続的にダイエットを行うにはよくありません。
そういう小腹が空いたときはナッツや種実類を食べて食欲を満たしましょう。
ナッツはオイリーで太りやすいイメージがあるかもしれませんが食欲を抑えて体重を減らす効果があります。
味付けされたナッツは食欲を増しダイエットに反する結果になってしまいますのでローストも加塩をされていない良質なナッツを選びましょう。

種実類とは

かたい皮や殻に包まれた食用の果実・種子の総称

ナッツ類がたんぱく質や脂質が豊富で体重を減らす効果があるといっても量をたくさん食べていたら何も意味がありません。
太らない食べ方のコツがあるのでご紹介します。

やせる食べ方のコツ

1.砕いて食べるほうがオメガ3の体内での吸収率が上がる
2.食べ過ぎないように食べるぶんだけを小分けにして取り分けておく
3.ローストも加塩もされていないナッツを選ぶ

たんぱく質も豊富なナッツ類

ピーナッツ

ピーナッツ

ピーナッツの脂肪のほとんどは太りにくい植物性のオレイン酸やリノール酸なので安心して食べれます。
それにGI値も15と低くインスリンが急激に分泌される不安もありません。
しかし食べ過ぎは禁物です。

たんぱく質 25.4g
マグネシウム 170mg
ビタミンB1.B2 0.95mg

※100gあたりの含有量

くるみ

くるみ
くるみにはα-リノレン酸というオメガ3脂肪酸がナッツ類でも最も多く含まれていて糖質が低いうえに植物性たんぱく質、食物繊維などの成分が豊富でダイエット効果が期待できます。
ビミタン類も含むので美容効果も期待でsきます。

たんぱく質 14.6g
マグネシウム 150mg
ビタミンB1.B2 0.41mg

※100gあたりの含有量

アーモンド

アーモンド
アーモンドはビタミンB2の量が多くマグネシウムもナッツ類の中では豊富に含まれています。脂肪を燃焼させやすいのでダイエット効果が期待大。
加塩やチョコレートコーティングがされたものは避けましょう。

たんぱく質 19.6g
マグネシウム 290mg
ビタミンB1.B2 1.26mg

※100gあたりの含有量

ピスタチオ

ピスタチオ
栄養素がとても高いことから「ナッツの女王」とも呼ばれます。ビタミンE、B1、K、食物繊維など多くの栄養素やカリウム、鉄、銅などミネラルを含んでいます。

たんぱく質 17.4g
マグネシウム 120mg
ビタミンB1.B2 0.67mg

※100gあたりの含有量

ペカンナッツ

ペカンナッツ
ペカン(ピーカン)ナッツはくるみの仲間でくるみよりも甘くて食べやすいと最近では人気があります。脂肪分が全体の7割以上を占めるオイリーなナッツですが、オメガ3のα-リノレン酸なので食べても安心して良質な脂質が摂れます。

たんぱく質 9.6g
マグネシウム 120mg
ビタミンB1.B2 0.38mg

※100gあたりの含有量

ナッツ類は太るイメージがありますが、加塩やドライフルーツなど一緒になったものではなくそのままの味で食べることでダイエットや健康に効果が期待できます。
おやつ、食後のデザートの代わりとして食べることをオススメします。ただし食べ過ぎはよくないので意識しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。