第7回の美魔女グランプリは山形県在住の37歳フラダンスの美人先生

第7回の美魔女グランプリは山形県在住の37歳フラダンスの美人先生
出典:http://www.jiji.com/jc/d4?p=bmj007&d=d4_contest


光文社の『美STORY/美ST』が2010年から開催している「国民的美魔女コンテスト」。
年齢を感じさせない外見美と知的美を競う「国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が12日、都内で行われ、山形県のフラダンスインストラクター、田中恵さん(37)がグランプリに輝いた。
7回目となる同コンテストに今年は約1500人の応募があった。名前を呼ばれると「本当に幸せです。山形から生徒さんが応援に来てくれました。感謝の気持ちを明日から還元していきたいと思います」とスピーチした。

身長164センチで、スリーサイズはB80-W58-H85センチ。
高校、大学時代にモデルを経験し、温泉番組でリポーターを務めたこともある。
7歳になる長男を出産した際に体重増を感じて、フラダンスやヨガを始めた。現在はシングルマザーで、フラダンスのインストラクター。
大手芸能事務所オスカープロモーションの所属も決まったが「一番は生徒さん。その上で仕事があれば受けさせていただきたいです」と話した。
主催した光文社の雑誌「美ST」の井上智明編集長は「みんなが幸せになるような笑顔」と授賞の理由を説明した。

最終選考には16人が参加した。37歳の元宝塚歌劇団所属の女性や54歳の現役東大大学院生、37歳の元客室乗務員、43歳の元アイドルら多彩な顔ぶれで、準グランプリは神奈川県のスキンケアアドバイザー松瀬詩保さん(42)に決まった。

グランプリ 田中恵さん

準グランプリ 松瀬詩帆さん

輝く美魔女賞(DHC) 田中悦子さん

これだけ塗り美魔女賞 (ジュジュ化粧品) 田中恵さん

WEB賞 綺華れいさん

美魔女とは

美魔女(びまじょ)は、光文社が発行するファッション雑誌『美STORY/美ST』による造語。才色兼備の35歳以上の女性を指し、「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきています。

美ST ONLINE 公式サイト
http://be-story.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする