ダイエットに効果的だと思ってるその食事には太る原因がある!

その食事方法はダイエットに効果的ですか?

ダイエットに効果的だと思ってるその食事には太る原因がある!

ダイエットに効果的だと思っているその食べ方って本当に正しいのでしょうか。
「友達が言っていたからやってみた。」「何となくイメージでそうしている」「食べない方がいいからこの組み合わせにしている」など日常の食事内容でよかれと思っているその食べ方が実はあなたを太らせている原因になっていたなんてことがあります。
正しい情報を元に食事の組み合わせや食べ方を見直してダイエットを効果的にしましょう。

まず脂肪を燃やすには二つの方法があります。
一つ目は『体脂肪を増やさない』ことです。脂肪を増やしてしまうのは「糖質と脂質がセットになった食事」です。
どちらもカットするのではなく糖質を減らし脂質を増やしていくほうが効率的なのです。
二つ目は『代謝を上げる』ことです。代謝を上げるには「たんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富な食品を食べること」です。
代謝を妨げる「添加物や粗悪な油を使った食品を避ける」ことです。
この基本的なルールは重要です。これさえ抑えていれば間違ったダイエット情報に惑わされなくてすみます。

その食事方法は太る原因だ!

その食事方法は太る原因だ!

ダイエットの結果が出ないといったことはありませんか?
あなたが今やっているその食事方法がこれから紹介する内容にあれば直ちにやめましょう。

ごはんやパンなどの主食は一切食べていない。

ごはんやパンなどの主食は一切食べていない。

糖質である白米はインスリンを分泌させてしまうので制限したいと考えてしまいますがストイックな糖質制限をしてもいつかその制限が守られなくなりリバウンドしてしまいます。
ごはんの食べ方は3食すべて抜くのではなく1食だけ抜いたり、ご飯の量を半分にするなど工夫することで糖質を抑えることができます。
ご飯の量が少なくなれば糖質の量も減り摂取後に血糖値が急上昇することは抑えることができます。
もしくは血糖値を上げにくい玄米、五穀米に変えることで主食をきちんと摂ることができます。
下記の穀類のGI値の一覧を参考にして主食を変えることで糖質も制限できます。

穀類のGI値表

食パン 91
白米 88
うどん 80
コーンフレーク 75
ベーグル 75
スパゲッティ 65
そば 59
ライ麦パン 58
五穀米 55
玄米 55
全粒粉パン 50
黒米 50
赤米 49
春雨 32

コレステロールゼロのサラダ油を使っている

コレステロールゼロのサラダ油を使っている

サラダ油のパッケージにはコレステロールゼロと表記されているものがありますが植物性の油にはコレステロールがほとんど入っていません。
サラダ油に含まれるオメガ6にはコレステロールが下がると訴求されていますが一時的なものであり善玉コレステロールまで下げてしまうことが分かっています。
油として摂るべきものはオメガ3のものにしましょう。
亜麻仁油で摂る優れたオメガ3の効果と摂取方法で紹介したように油にはオメガ6が多く入っているので亜麻仁油やえごま油、オリーブオイルを使いましょう。

「カロリーゼロ」や「糖質ゼロ」の飲み物を飲んでいる

「カロリーゼロ」や「糖質ゼロ」の飲み物を飲んでいる

最近、コンビニや自動販売機で「カロリーゼロ」や「糖質ゼロ」の飲み物が主流になってきています。
これらの商品にはカロリーゼロなのに甘味を感じたりするものもたくさんあります。
それは人口甘味料が入っています。人工甘味料には甘さに慣れさせ依存体質を改善することができず慣れさせてしまい脂肪をため込む危険性もあります。
甘味添加物のアスパルテームには砂糖の200倍の甘さを感じさせます。他にもサッカリン、アセスルファムカリウム、スクラロース、D-ソルビトールなどがあります。ラベルをよくみると原材料名の箇所に記載があるので注意しましょう。

腸内環境をよくするために乳酸菌飲料を飲んでいる

腸内環境をよくするために乳酸菌飲料を飲んでいる
腸内環境をよくするために乳酸菌飲料を毎朝飲んでいる方は毎朝糖質を過剰に摂っています。
乳酸菌飲料は腸内環境や便秘、花粉症対策など色んな効能で多くのものが市販されていますがかなりの糖質が入っています。
乳酸菌は甘味をくわえないと酸っぱくて飲めないので糖質をくわえ飲みやすくしています。

上記以外にもダイエットや健康のために知らずによかれと思い誤った食事方法をしているので気を付けましょう。

関連ページ
ダイエットに効果的だと思ってるその食事には太る原因がある!➁
ダイエットに効果的だと思ってるその食事には太る原因がある!➂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。