ダイエットには必須!毎日の食事を見直そう!

ダイエットには必須!毎日の食事を見直そう!

ぽっこりしたお腹を改善するには筋トレやジョギングなどの運動だけではなく毎日の食事の内容も重要です。
ついつい、寝る前にお菓子をつまみ食いしてしまう、カロリーの高い炭酸飲料ばかり飲んでいるなど意識しなければ運動しても何も変わりません。
5大栄養素と呼ばれる「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」を含んだバランス良い食事を心がけましょう。
主食、主菜、副菜、汁物、フルーツが含まれた食事が理想ではあります。
食事を減らせば体重が減り、脂肪も少なくなるという考えはオススメいたしません。
脂肪や体重は減るかもしれませんが筋肉は落ち基礎代謝が減ってしまうからです。
1時的に体重は減るかもしれませんがリバウンドして太りやすい体になってしまいます。
毎日3食、バランス良く多すぎない食事を摂りましょう。

バランスのとれた理想の食事内容

バランスのとれた理想の食事内容

ご飯などの主食、肉や魚などの主菜、野菜などの副菜、ビタミン・ミネラル・水分が補給できる汁物、フルーツがそろった食事内容が理想です。

炭水化物
ご飯やパンなどの主食となる炭水化物は体内で分解されてエネルギー源となります。摂り過ぎは脂肪を貯める要因になるので少なめにしましょう。

たんぱく質
肉や魚に多く含まれるたんぱく質は筋肉や皮膚など身体をつくるために必要不可欠です。

脂質
脂質は身体の中で脂肪として蓄えられエネルギー源となりますが少量でも多くのエネルギーとなるため多く摂り過ぎずバランスが重要です。

ビタミン
野菜やフルーツに多くふくまれるビタミンは身体の機能を正常に働かせる代謝を助けます。

ミネラル
ミネラルは身体の調子を整えたり神経や筋肉の働きを調整する役目があります。

脂肪が蓄積しにくい食事方法

脂肪が蓄積しにくい食事方法

単一炭水化物よりも複合炭水化物をとる
同じ炭水化物を摂るのであれば砂糖や果糖といった単一炭水化物よりもご飯やパンなどの複合炭水化物をとりましょう。

糖質と脂質の組み合わせを控える
すぐにエネルギーになりやすい糖質とゆっくり消費される脂質を同時に多量にとると脂質が消費されず蓄積しやすくなります。

濃い味付けは控える
濃い味付けは、ご飯など食べる量を増やしてしまうので控えましょう。

一口でたくさん食べず早食いをしない。
一口でたくさん食べたり、早食いすると食べる量が増えてしまいます。またしっかりと唾液が分泌されず消化・吸収が妨げられます。

飲酒時のおつまみに注意する
お酒を飲む時はお酒よりもおつまみの方がぽっこりお腹に影響している。
お酒にもカロリーがあり量を多く飲むとそれ自体もよくないがおつまみには油っぽいものなども多いので気を付けましょう。

筋トレをしながら食事を見直すとあなたのぽっこりお腹は改善されていきます。

関連ページ
美しくシャープな身体を作るための体脂肪を落とす方法
脂肪を効率よく燃やすためのトレーニングの重要な順番
食事制限だけのダイエットはリバウンドする説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。