ちょっとまった!そのフルーツって本当に美容にいい?食べるならこの果物

果物はビタミン豊富で美容にいいイメージは嘘!?

ちょっとまった!そのフルーツって本当に美容にいい?食べるならこの果物
フルーツはビタミンが豊富で美容や健康に効果があるというイメージがあるのではないでしょうか。
朝食に気軽に飲めるフルーツ入りのスムージーなどを飲んでいる方もいるのではないでしょうか。
甘くて美味しいフルーツには果糖が含まれています。一般的に果糖は血糖値を上げにくいため太りづらいと言われていますがそれは大きな間違いです。
フルーツの果糖はブドウ糖以上に中性脂肪の蓄積を招きコレステロール値を増やすことが実験で証明されています。
果糖は身体のたんぱく質と結びつき、老化現象の原因となる「AGEs(終末糖化産物)」という老化物質を作り出します。ブトウ糖の10倍の量にもなり血管などを傷つけシミ、シワの原因となります。
日々の食生活を見直しフルーツの摂りすぎはよくありません。

果物を食べるならアボガドとベリー類

太る原因になる果糖が比較的少ないのがベリー類です。ブルーベリーは目の疲れを緩和するアントシアニンやアンチエイジング効果が高いビタミンEが豊富です。
またラズベリーは香り成分のラズベリーケトンには脂肪分解を助ける働きがあります。
ブルーベリーなどスーパーで購入すると意外の値段が高いのでコストコ(https://www.costco.co.jp/p/)だと量も多くて安いので購入して一度に食べきれない量は冷凍して保存しておくと便利です。

ブルーベリー
ブルーベリー

ブルーベリー 100gあたり
たんぱく質 0.5g
マグネシウム 5㎎
ビタミンB1.B2 0.06㎎

ラズベリー
ラズベリー

ラズベリー 100gあたり
たんぱく質 1.1g
マグネシウム 21㎎
ビタミンB1.B2 0.06㎎

アボガド
アボガドは森のバターと言われ、果糖がほとんと含まれずオレイン酸というコレステロールを減らす役割をしてくれる成分が豊富です。

アボガド

アボガド 100gあたり
たんぱく質 2.5g
マグネシウム 33㎎
ビタミンB1.B2 0.31㎎

美容に効果が悪いフルーツ

ビタミン豊富で美容に効果が良いと思って食べていたフルーツが実は逆に効果が悪かったんです。
「ソラレン」という成分は紫外線に対する感受性を高め、紫外線を吸収しやすくします。
特にオレンジやグレープフルーツなどの柑橘系に多いのです。

ソラレンを多く含む食材

レモン
美容に逆効果 シミを増やすレモン

グレープフルーツ
美容に逆効果のグレープフルーツ

オレンジ
キウイフルーツ
きゅうり
パセリ
セロリ
しそ

フルーツも食べるものを選び健康なダイエットをしましょう。

コメントの入力は終了しました。