水素水って本当に効果あるの?悪玉活性酸素による酸化を防ぐ水素

水素水って本当に効果あるの?悪玉活性酸素による酸化を防ぐ水素

昨年から水素水がアンチエイジングや健康に効果があると美容業界や医療業界で話題になっています。
今では多くの水素水に関連する商品がたくさんあります。
水素水サプリや水溶性水素水、サーバーなどありますが水素水だけを飲んでアンチエイジングや健康にいいとは言えないのです。
活性酸素による酸化がガン細胞を作り出したり悪い細胞を作ったりします。
水素は抗酸化作用がありますが悪玉活性酸素のみを攻撃します。
不要なものだけを狙って外へ排出してくれます。

水素とは

水素とは
原子の一つでこの世でもっとも小さい分子。記号ではH2。
地球上では酸素、ケイ素に次いで三番目に多く存在しています。
軽くて、可燃性がたかい分子です。

水素は抗酸化力があり、活性酸素は悪いというイメージがあるかもしれませんが活性酸素には善玉と悪玉の種類があります。

善玉の活性酸素

・スーパーオキシド
ミトコンドリアがエネルギーを発生させる際に生まれる活性酸素。
・過酸化水素
スーパーオキシドがSODによって分解される際に発生する活性酸素。

悪玉の活性酸素

・一重項酸素
紫外線を浴びることで増える強い酸化力をもつ活性酸素。
・ヒデロキシカラジカル
酵素で分解されずに残った過酸化水素が金属イオンやスーパーオキシドと反応することで発生する活性酸素。

上記の4種類に分類することが出来ますが善玉活性酸素が何かの影響で悪玉活性酸素にも変わるのです。
初期段階では体内の抗酸化酵素だけで除去することができますが「酸化」が強くなると力のある抗酸化物質を使用しないと除去することが出来ません。

水素には悪玉活性酸素だけを狙いうちしますが、水素だけを摂取すればアンチエイジングになるとは言い切れませんので自分の私生活を見直し改善したうえで
水素の持つ力をサポートとして得ることが重要です。

私生活を見直そう

1.禁煙する

禁煙する
タバコには発がん性物質が40種類も含まれています。
有害な物質としてはニコチン、タール、一酸化炭素です。
タバコは体の中で「酸化」を起こす有害なもので自ら老化を進めています。

2.白砂糖を摂らない

白砂糖を摂らない
白砂糖の原料はさとうきびやビートですが白砂糖になるまでに多くの工程で結晶化されます。
精製する過程で薬剤が投入され本来のミネラル、ビタミンは破壊されています。
血糖値が急激に上がりインスリンを放出して太る原因にもなります。

3.GI値の高い食品は避ける

GI値の高い食品は避ける
GI値とは血糖値の上がり方を数値で表したものです。
GI値が低い食品ほどインスリンの量を抑えることが出来ます。
GI値の高い食品はパン、うどん、白米、はちみつ、パンケーキなど挙げられます。

4.甘い米をやめる

甘い米をやめる
甘いお米は一般的には「おいしい」と言われますが甘いと感じるには米のデンプンの種類です。
アミロース、アミノペクチンというデンプンが含まれていますがアミロペクチンが多いと甘味のあるご飯になります。
甘い米もGI値が高く血糖値を急激に上げてしまう原因になります。

5.甘すぎるフルーツをやめる

甘すぎるフルーツをやめる
最近では農家の努力もあって甘いフルーツが多く市場に出回っています。
果物に含まれる糖は果糖、ブドウ糖、ショ糖、糖アルコールになります。
糖はブドウ糖に分解されず肝臓でグリコーゲンとなって貯蔵されます。
一定の量を超えると中性脂肪に変わります。
フルーツはビタミンなど豊富ですが摂りすぎはよくありません。

6.アルコールの量を減らす

アルコールの量を減らす
アルコールは消化器官や小腸で分解されエタノールとなり胃や小腸で吸収されます。やがて肝臓へ運ばれエタノールがアルコール脱水素酵素によって酸化し有害物質のアセトアルデヒトに分解されます。
お酒を飲んだ後の頭痛や吐き気の原因はアセトアルデヒトです。
上記のことを意識するだけでもアンチエイジングになります。
「糖化」「酸化」する食事、行動を意識して辞めていけば健康な体を作り長く生きることが出来ます。
上記のことを意識して行った上で水素の力をかりてより良い健康で丈夫な体を作りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。