ケイ素の健康効果!腸内環境を整え免疫力アップ!

ケイ素の健康効果!腸内環境を整え免疫力アップ!

病気になりやすい人は免疫力が弱いなど日常的な会話で使っていると思います。
その免疫力とはまさしく身体が病気などに対抗する力のことです。
免疫力が高いことは健康面で重要なことだと言えます。

体内の免疫システムは二重になっています。

・自然免疫

敵(抗原)の侵入に気がついて最初に駆けつける免疫反応のこと。

・適応免疫(獲得免疫)

生まれたときには備わっておらず、後天的に獲得されるものです。 獲得免疫のシステムは異物(抗原)に遭遇するたびに、それぞれの抗原ごとに最良の攻撃方法を学習し、抗原を記憶します。

体内の免疫システムで注目を浴びているのが腸管免疫です。
腸管は長さ7~9mmあり抗体全体の6割が腸管で作られています。
食物の摂取・消化・排泄を行います。
危険なウイルスや病原菌を排除し栄養ある食品や腸内細菌は排除しないという仕分けを的確に行っています。
腸内環境を高め整えるために乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の多いヨーグルトやオリゴ糖の摂取が人気となっています。
食物繊維の摂取も腸の運動を活発化させ便通を良くしてデトックス効果を発揮します。

ケイ素は腸内環境と整える

腸を整える

乳酸菌や食物繊維の他にもケイ素が腸内環境を整えるのに効果的です。
ケイ素は地殻に溶け込んでいて畑で栽培される野菜にはケイ素が含まれ植物性食物繊維の主成分となっています。
ケイ素を摂取することで食物繊維の働きを強化し腸内環境を整え腸管免疫力を高めてくれます。

免各免疫系の器官でそれぞれの免疫システムを構成する細胞は造られます。
免疫系器官には骨髄、胸腺、リンパ節、血管、膵臓、腸などがあります。
その一部であるリンパ球が胸腺に送られT細胞と呼ばれる強い免疫細胞になります。
T細胞の役割は司令官です。
マクロファージから受け取った外敵侵入の知らせと、外敵がどんなものであるのかという情報をもとに、敵の性質・特徴や弱点を知り、的確に侵入した敵に攻撃できるように戦略を決める指揮官です。
とても重要な役割をしています。

そして免疫システムにとって胸腺とともに大事なのが脾臓です。
脾臓はリンパ球と呼ばれる白血球をつくっており、そのリンパ球は抗体(異物による侵入から守る特殊なタンパク質)をつくります。
赤脾髄は血液をろ過することにより、不要な物質を取り除きます。赤脾髄には、細菌、真菌、ウイルスなどの微生物を消化する食細胞という白血球が含まれています。
また、赤脾髄は赤血球の状態を監視し、異常があったり、古くなったり、傷ついたりして適切に機能しなくなった赤血球を破壊します。

免疫システムにとって重要な胸腺と脾臓の実験で水溶性ケイ素をラットに摂取させ胸腺と脾臓のリンパ球数が増えていることが確認されています。
ケイ素は実験でも効果を確認され免疫効果を向上させています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする