ケイ素の健康効果!血管を強くする!

ケイ素には血管も強くしてくれる健康効果がある!

ケイ素の健康効果!血管を強くする!

血管は全身をめぐっていて、血管を流れる血液によって酸素や栄養などが届けられ同時に炭酸ガスや老廃物を回収し、その老廃物はリンパ液となり流れていきます。
美肌をつくるには皮膚の新陳代謝が正常に行われていないといけませんが丈夫な血管の中を血液が流れていることが新陳代謝の前提になっています。
人体の血管は地球2周以上の約9万kmといわれ、内腔の総面積は6畳間換算で約300部屋分に相当します。
動脈と静脈が枝分かれして毛細血管が全身にくまなく張り巡らされています。
血管の99%は毛細血管が占めています。
心臓は全身の血管に血液を送るポンプの役割をはたしています。
血液の流れが悪くなる原因の一つとしてコレステロールなどが血管の内側にこびりついてできるプラークです。
プラークは動脈硬化の原因となってしまいます。
老化によっても血液の絹雄は低下していきます。
毛細血管は内皮細胞と外側を覆う壁でできていますが研究によると40代後半から30%以上の壁細胞が剥がれている毛細血管が多くなってしまうそうです。
壁細胞が剥がれてしまうと酸素や栄養が漏れてしまい体の隅々まで行き届きません。
毛細血管は年齢とともにボロボロになりお肌の弾力がなくなりシワなども出てきてしまいます。
しなやかで丈夫な血管を作ったり維持していくにはバランスの良い食事や適度な運動が必要ですがケイ素の摂取も効果的です。

ケイ素は壁細胞の修復に効果がある。

ケイ素は内皮細胞の構成成分で壁細胞の修復に効果があります。
血管内のプラークを分解して排出させる働きもあります。
ケイ素を摂取することで血管を丈夫にしプラークも融解し血液の流れを良くして全身の細胞に酸素や栄養を行き渡らせることができるようになります。

2014年の「信学技報」電子情報通信学会技術研究報告の実験で水溶性ケイ素が血管や骨を丈夫にしてくれるというラット実験で証明されています。

ケイ素は血液を丈夫にして病気の予防にもつなげる効果がある素敵な成分なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする