ダイエットではなく除脂肪をすべし!

ダイエットよりも除脂肪が健康で美しい体になれる!

ダイエットではなく除脂肪がすべし!
当サイトでもダイエットについて記事を書いていますが、ダイエット・減量という言葉は「体重」を減らすこととなります。体重は筋肉、脂肪、その他が含まれており体重のみが判断基準となるため体脂肪が減少したのかはわかりづらくなります。
ダイエットだと体重(筋肉、脂肪、その他)が痩せただけだと筋肉や内臓が痩せただけの可能性があり健康とは限りません。
除脂肪は脂肪のみを減らす目的で筋肉や内臓は保たれるので健康的な理想な体を手に入れることができます。

今回は美しく健康的な理想な体をつくることを目的としてその方法を段階的にご紹介します。
減量は以前ご紹介したように摂取エネルギーと消費エネルギーの収支の差分になります。

脂肪が減少する公式
「摂取カロリー」<「消費カロリー」+「基礎代謝」

関連ページ
脂肪をためるメカニズム

この方程式だと体重は減っていきますが筋肉まで痩せる可能性があるので代謝が落ちたり見た目的にも美しい体になるとは言えません。
脂肪を取り除きながら筋肉を増大、継続させることが美しい体を手に入れることができます。
女性の方は特に筋肉トレーニングをすると筋肉が大きくなってムキムキな女性ボディービルダーのような体になってしまうのではないかとイメージしてしまいがちですが
あのような体になるには重たいバーベルなど重量を上げていきたくさん食べて長期にわたって行わないと中々なりません。
ボディービルダーのように究極に除脂肪したり筋肥大をする必要はなく適度に筋肉をつけ除脂肪すれば美しい体を手に入れることができます。

自分の必要なカロリーのベースを知ろう

自分の必要なカロリーのベースを知ろう
美しい体を手にする除脂肪をするにあたってはまず自分のベースラインのカロリーを知ることです。
それは太りもしないし、痩せもしない現状での生きていくうえでの最低限必要なカロリーを把握します。

トレーニングをする場合の摂取可能カロリー目安
除脂肪×40
※除脂肪=体重-(体重×体脂肪率)

こちらの方程式は筋トレ業界ではよく使われるのですがこの除脂肪に40倍するのは筋トレをきちんと頑張って行ったときに使用するので、それよりもできないのであれば30~35倍など調整が必要いなります。
例えば60kgの女性で体脂肪率が25%の場合除脂肪体重は60-(60×0.25)=45kgとなります。
45×40=1800kcalが体重も減らず、増えずのベースカロリーとなります。

このベースラインを把握しているか、していないかでもダイエットの成功、失敗の分かれ道になります。
当サイトでも紹介する「〇〇ダイエット」なども簡単に取り組めて一時的には効果がありますが最低限の運動や筋トレをしていないと一時的なものとなりリバウンドしてしまいます。

まずこの計算式にあてはめてあなたの必要カロリーのベースラインを知りましょう。

Quillin 美容ダイエットTOPページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。