筋肉の合成を促進させるHMBカルシウム

ムキムキなマッスルBODYを目指すあなたへ!

筋肉の合成を促進させるHMBカルシウム

フィジークやボディビルを目指すトレーニーはもちろんのこと、加齢とともに代謝が落ち体内に蓄積された脂肪を落として体を引き締めたい方に朗報な筋肉合成を促進させる成分があります。
この成分はHMBca(カルシウム)と言います。

HMBca(カルシウム)とは

HMBはβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸の略で、必須アミノ酸の一種です。ロイシンが体内で生成されて代謝産物になります。
HMBカルシウムはHMBとカルシウムを結合し粉末化した食品素材です。

HMBca(カルシウム)が必要な理由

筋肉の合成にはたんぱく質が欠かせない栄養素です。
たんぱく質は鶏肉や牛肉、魚、プロテインなどから補給することができます。
たんぱく質は身体に吸収されるときにペプチドというものに分解されます。
ペプチドはたんぱく質を小さくしたもので胃液の消化酵素ペプシンによってペプトンへ、そして十二指腸で膵液と混じりポリペプチドという状態に分解されます。
分解されたペプチドは腸のペプチターゼという消化酵素によって約20種類の「アミノ酸」に分解されていきます。
約20種類のアミノ酸にはリジン、アルギニン、グルタミン酸、ロイシンなどがあります。
ロイシンは筋肉の形成を促進し筋肉の損失を防ぐ効果を持ちます。
ロイシンが体内で生成したHMBの働きだということが実験で分かっています。
体内でHMB1gを生成すりには約20gのロイシンが必要となるので直接、HMBca(カルシウム)を摂取したほうが効率的なのです。

非常に恐ろしい病気「サルコペニア」

ここ1~2年で耳にするサルコペニア症候群。日本ではあまり浸透していませんがアメリカでは「サルコペニア」の認知度が高いです。
果たしてどのような病気なのでしょうか。

加齢とともに筋肉量の減少と筋力の低下を特徴とし身体機能の障害や生活の質の低下などが伴う病気です。
人の筋肉は30歳ごろをピークに40歳を境として徐々に減少していきます。
加齢に伴って目に見えて減少を始めさらに高齢になると減少が加速してしまいます。
筋肉はたんぱく質、アミノ酸の摂取と運動によって合成しますが、加齢とともに合成と分解のバランスが崩れサルコペニア症候群の発症する可能性を高めます。
特に高齢者はたんぱく質の摂取や運動量が減少するので筋肉の合成に支障をきたしサルコペニアを起こしてしまいます。

アメリカではサルコペニア症候群の対策としてHMBカルシウムが使われています。
高齢者の方もトレーニーや運動不足の方に強い味方のHMBカルシウムを摂取してみては。

HMBカルシウムはどこで買える?

HMBカルシウム
Amazonで購入することが可能です。
海外のアスリートやトレーニー向けにはHMBカルシウム成分が入っているサプリメントは販売されていました。

日本でも注目されつつカルシウムなので日本の製薬会社や健康食品メーカーから販売されるのも遠くはないと思います。
筋力に自信のない方は気になる方はぜひ、飲んでみましょう。
運動も忘れずに!

Quillin 美容ダイエットTOPページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。