糖質をオフにする外食時のメニューの選び方

外食時に太らないように気を付けるためのメニュー選び

糖質をオフにする外食時のメニューの選び方

ダイエット中だけどランチは外食だったり飲み会が多かったりどんな食事内容がいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
折角、お休みのときや自炊するときは気を付けているけど外食時には糖質が多い食事をしていたらダイエットにならないので諦めないように覚えましょう。

お店選びから重量です。

お店選びから重量です。

まずお店選びから気を付けていきましょう。
主食には麺類や穀物類など炭水化物が多く含むものは避けたいのでラーメン屋、うどん、そば屋、イタリアンのスパゲッティがメインのお店は避けましょう。
中華料理屋も油を多く使っているのでNGです。
和食はヘルシーなイメージがありますが選ぶものによっては味付けに糖質の多い砂糖やみりんなどを使用している煮魚や煮物などは避けましょう。
ファーストフードはNGなイメージがありますがセットメニューの選び方を気を付けましょう。ポテトや甘い砂糖が多い炭酸飲料は避けてサラダやお茶にしましょう。
ハンバーガー、サンドイッチも炭水化物なのでチキンなど選びましょう。

選ぶお店

定食屋
焼肉屋
ステーキ屋
ファミレス
ファーストフード店

避けるお店

うどん・そば屋
ラーメン屋
中華料理店
とんかつ屋
寿司屋

メニューの選び方

メニューの選び方

お店を決めたら次はメニューを選びましょう。
ファミレスでは炭水化物のご飯、パスタ、丼物は選ぶことはNGです。
セットメニューは必ず炭水化物がセットになるので単品で選びましょう。
タンパク質が豊富なサラダを中心に食べましょう。
ハンバーグやチキンソテーはOKですがソース選びが重要です。
デミグラスソースは避け和風系のソースにして付け合わせのコーンやポテトも食べないようにしましょう。
お肉などの主菜と主食の換わりにサラダを選ぶとタンパク質が多くとれてOKです。

定食屋では揚げ物は衣に糖質と脂質を多く含むのでNGです。ごはんを事前に断って刺身や焼き魚の定食を選びます。
主食がなくて物足りないときはサラダや味噌汁でカバーしましょう。

ステーキ屋では脂身の少ない肉、ヒレなど選ぶのがOKです。
タレもタレよりも塩にして薄い味付けにしましょう。

外食時でもメニュー内容を意識するだけで糖質を制限できダイエットができます。
ぜひ意識をして糖質オフ生活を。

Quillin 美容ダイエットTOPページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。