ツタンカーメン王も愛したスーパーフード「ブラッククミンシード」

手軽に摂り入れられるスーパーフード

手軽に摂り入れられるスーパーフード
薬やサプリメントに頼らず栄養のある食事を摂るにはスーパーフードの食材自体を食に取り入れることで体の中から美をつくることができます。

スーパーフードの定義
栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。
http://www.superfoods.or.jp/

ツタンカーメン王も愛したブラッククミンシード

img_1
ブラッククミンシードはインド・パキスタンを原産地とする一年草のニゲラという植物の種子です。
学名はNigella Sativa。別名はカロンジ、ブラックシード。ブラッククミン。ローマンコリアンダーとも呼ばれます。
日本名では匂黒種草と言い可愛らしいブルーの花を咲かせます。
東南アジアでは独特なスパイシーな香りがすることでカレーのスパイスなどに使われています。
ピラミッドにあるツタンカーメン王のお墓からブラッククミンシードが発見され愛されていたと思われます。
古代ローマ時代から「死以外のあらゆる病気を治療できる」と言われていたそうです。
ブラッククミンシードの注目すべき成分はチモキノン、カルシウム、ビタミンB1.B2.Eです。
特に注目したいのはチモキノン。アルツハイマー病に有効だと東京大学も発表しています。
免疫システムを改善する効果が期待できます。

期待できる効果

ブラッククミンシードの期待できる効果をご紹介します。

皮膚病やアンチエイジング

葉酸、鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富です。ブラッククミンシードのオイルも販売されていて直接、髪に浸透させたりして髪を綺麗にする方もいるようです。

生活習慣予防

血糖値を低下させたり免疫システムを改善させる期待があり生活習慣病の予防が期待できます。

美肌効果

ブラッククミンシードから搾取したオイルが美肌効果に良く植物油として注目されています。

ブラッククミンシードの摂取方法

ブラッククミンシードの摂取方法
1日の摂取量は小さじ1杯くらいにしましょう。
シードの場合は吸収率を上げるために細かく砕いたりしカレーのスパイスにしたり
加熱料理も可能なので味付けなどにも使用できます。
オイルの場合だとスープやドレッシングにして摂ることもできます。

とても栄養価の高いスーパーフードです。
ぜひ食生活に取り入れてみては。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。