食べないダイエットはリバウンド確定!1日3食きっちり食べる

1日3食きっちり食べて太らない食べ方を身につけよう

食べないダイエットはリバウンド確定!1日3食きっちり食べる

ダイエット経験者の多くが減量後に体重が戻ってしまったり減量前よりも太ってしまったりなどリバウンドを経験してしまいます。
それは食べないダイエット方法など無理で一時的なダイエットを行っているからです。
食事に関する正しい知識を身につけリバウンドをしないダイエットを行いましょう。
インターネット上ではダイエットや栄養に関する知識を簡単に得ることができますが中には間違えて情報も多くあります。
今の食事管理が自分に合っている方法なのか判断するのも難しくなってきます。
自分にあった食事管理方法で正しいダイエットを行い継続して太らない食べ方を覚えるのが一番です。
体型を維持するための食べ方を続けてリバウンドを防ぎましょう。
まず自分の食べ方が太りやすいのか確認することが重要です。

1.自分の食事内容を確認

太ってしまう原因やリバウンドしないように改善する内容を明確にするためにあなたの食事内容をチェックしましょう。
朝食を抜いたりお菓子や果物だけで済ませていませんか?

1.自分の食事内容を確認

□1日の食事回数が1~2回
□平日の夜は毎日のように外食、飲酒
□朝食を抜くことが多い
□よく噛まずに食べてしまう
□丼もの、麺類が多い
□ダイエットのために野菜ばかり食べている
□お腹いっぱいまで食べてしまう
□食事を摂らずスイーツを食べる
□食べ物の好き嫌いがある
□食事内容がいつも偏ってしまう

どれか一つでも当てはまったらすぐに食事内容を見直しましょう。

2.タンパク質をたっぷり摂る

2.タンパク質をたっぷり摂る
糖質となるご飯や麺類などの主食をなるべく抑えてタンパク質をしっかり摂りましょう。
糖質量を抑えて筋肉の元となるタンパク質をしっかり摂りましょう。
糖質はエネルギー源となり糖質を制限するとエネルギーが足らなくなると思ってしまいがちですがタンパク質であるアミノ酸から血糖をつくることができます。
蓄積された脂肪をエネルギーとして消費してくれます。
糖質は主食以外にも肉、魚、野菜などにも含まれているので何かしらで糖質を摂っています。
筋肉量が減ると基礎代謝量が少なくなり太りやすい体になってしまうのでタンパク質は積極的に摂りましょう。

3.朝食をしっかり食べて内臓を起こす

3.朝食をしっかり食べて内臓を起こす
人間の体内時計は脳と内臓にあります。毎日3回の食事を規則正しく食べることはリズムを整えるために大切です。
朝食は内臓の体内時計をリセットさせます。
朝食をしっかり摂ることで筋肉の分解を防ぎ1日の脳のエネルギーとなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。