ダイエットにもなる!ひどい便秘を改善しよう!

便秘は体重増加や肌荒れの元

ダイエットにもなる!ひどい便秘を改善しよう!
便秘を解消するには便秘のことをよく理解し改善することを積極的に行いましょう。
便秘には種類があり機能性便秘と器質性便秘の2種類に大別することができます。
機能性便秘はより細かく分類することができます。

機能性便秘は、日常の食生活や生活習慣などが原因となって起こる便秘です。
要因としては大腸の機能の低下が挙げられますが、病気には関係なくのが特徴です。
大腸の筋肉がゆるんだことによって起き女性や高齢者、運動不足の人によく見られるもっともポピュラーな便秘を弛緩性(しかんせい)便秘といいます。
無理なダイエットや筋力の衰えによって筋肉がゆるむと、便を押し出す力が弱くなるため、弛緩性(しかんせい)便秘になってしまいます。
主な原因はストレスで自律神経の乱れによって生じる便秘です。弛緩性(しかんせい)便秘とは逆に、大腸の筋肉が激しく動きすぎて、まるで痙攣しているかのような状態になる便秘を痙攣(けいれん)性便秘といいます。
習慣性便秘とも呼ばれる便秘で、日頃から排便を我慢することが多い場合に発生する便秘を直腸性便秘といいます。
自分がどの便秘なのかを理解して各々の改善方法で対応しましょう。

便秘の症状

便秘の症状

弛緩性便秘の症状

黒っぽくコロコロした便の場合が多くお腹に張りが出て肌荒れをしてしまいます。

痙攣(けいれん)性便秘の症状

便秘と下痢が交互に起こりやすく下腹部に痛みを伴います。便が出ても硬くコロコロした便の場合が多いです。

直腸性便秘の症状

排便するのに時間がかかり、排便時に痛みや違和感があり上手にいきめないようになります。また便が非常に硬くなります。

便秘の改善方法

便秘の改善方法

便秘は病気ではありませんが便が出ないと不快感が続きよりストレスや肌荒れ、体重増加、老化など様々な症状が出てしまいます。
便で健康チェックが出来るといわれていて健康診断の時も必ず便検査をします。
便は腸内環境を表すものでありその人自身の健康状態そのものです。
バナナ状の便が出る人は善玉菌が多く腸内環境も好調です。
便秘の人は便が出てもコロコロしていることが多いのです。
これは大腸で水分が吸収されて硬くなっているからです。
まず解消方法としては直腸性便秘の人は便意を我慢していることが多いことからなることにもより便意がきたら我慢せずトイレへ行きましょう。
職場や外出先で便意がきたら恥ずかしがらないようにしましょう。
我慢して便を大腸に留まらせておくとその分、水分を吸収してしまうからです。
機能性便秘の方は食生活や生活習慣が原因でなる便秘なので日々の食事内容を見直し不規則な生活をやめ規則正しい生活をしましょう。
食事が偏っていたり外食やコンビニで済ませることが多かったりするのではないでしょうか。
また夜通し携帯電話をさわったり睡眠時間が足らないなど原因があるはずです。
弛緩性(しかんせい)便秘はストレスが原因なので仕事やプライベートでストレスがあります。
本人自身ストレスを感じていないことでもストレスは溜まります。
趣味の時間を作ったり運動するなどストレスを解消させましょう。
あと便秘全体的な解消方法としては食物繊維や発酵食品を食べるように心がけましょう。
味噌やヨーグルトに代表される発酵食品は善玉菌の好物なので毎日摂りましょう。
食物繊維で腸の掃除をして発酵食品で善玉菌を増やしましょう。

発酵食品でオススメなので植物性乳酸菌です。
ヨーグルトなどの乳酸菌は動物性で胃酸や熱に弱いので腸に届きづらいこともあります。
乳酸キャベツが今話題なのでためしに作ってみてはいかがでしょうか。

ナイナイアンサーで紹介されたラクやせダイエットの乳酸キャベツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。