冬のお肌は最悪の状態。美肌にする栄養素をいっぱい摂りましょう

冬のお肌は最悪の状態。美肌にする栄養素をいっぱい摂りましょう

冬のお肌は暖房や外気によって温度や湿度の増減は激しく最悪のコンディションとなります。
よく肌荒れする方や紫外線は夏だけだと思いお肌対策が少し適当になってしまう方もいらっしゃいます。
お肌の手入れは季節に合わせて行うことが理想です。

年中通して美肌にするには体外だけのお肌の手入れだけではなく体の中からお手入れをしましょう。
乾燥肌、肌荒れ体質の方、紫外線が気になる方など様々な悩みがあると思います。
その悩み別でどのような栄養を摂ればいいのかご紹介します。

まず化粧品などでよく「コラーゲン」という言葉を耳にすると思います。
肌の表面(表皮)から0.3㎜ほど内側にあるのが真皮ですがそれを支えているのがコラーゲンです。

皮膚の構造を詳しく知りたい方はこちら
ケイ素の美容効果!つるつるでみずみずしいお肌にする!

コラーゲンはたんぱく質の一種で体内では細胞同士をつなげる土台のような役割を持っています。
分解や合成を常に繰り返し新しいコラーゲンを作り出していますがコラーゲン自体では合成や分解はできないのです。
ゴラーゲンの分解と合成を促進させるにはビタミンCが必要になります。
さらにコラーゲン合成に必要なアミノ酸を作り出し弾力性のあるコラーゲンを作る鉄分も摂取しましょう。
肌荒れに悩んでいる方は皮膚や粘膜を強くするビタミンA、紫外線が気になる方は肌の抗酸化を高めるために抗酸化物質を多く含む食品を積極的に摂りましょう。

乾燥肌・肌荒れに効く食品

乾燥肌・肌荒れを予防するにはビタミンAを多く含む食品を摂りましょう。
・にんじん
・パセリ
・モロヘイヤ
・パセリ
・よもぎ
・ほうれん草
・バジル
・明日葉
・春菊
・ニラ
・海苔
・レバー(鶏・豚・牛)
・あんこうの肝
・うなぎ
・ほたるいか
・シソ

紫外線対策に効く食品

紫外線を予防するには抗酸化物質を多く含む食品を摂りましょう。

・大豆
・緑黄色野菜
・ブルーベリー
・イチゴ
・りんご
・玉ねぎ
・ソバ
・ゴマ
・ウコン
・海藻類
・黒酢

たんぱく質をビタミンCを多く摂取するように心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。